求人誌でよく見る期間従業員ってどんな仕事?歴史は?

###Site Name###

期間従業員の募集を求人誌でよく見かけます。日給に加え入社金が支払われるなどと書かれていて興味をひかれますが、いったいどのような仕事なのでしょうか。期間従業員は一定の雇用期間、工場で生産に従事する労働者のことです。

企業と直接契約を結ぶものと、派遣会社に登録し派遣されるものがあります。大手の自動車メーカーや電子部品メーカーが募集しており、企業の安定性が魅力のひとつです。

期間従業員は古くは季節工と呼ばれていました。

60~70年代に農閑期の生活の糧として多くの男性が遠方の工場に出稼ぎに出ていたことが呼び名の由来です。

期間従業員の求人の情報も多数ご用意しました。

貴重な収入源となる一方で過酷な労働条件が課されたことでも知られています。

facebookを理解するには正しい知識が必要です。

ルポライターの鎌田慧(かまたさとし)が1972年に出版した『自動車絶望工場?ある季節工の手記』には当時の工場の現状が克明に記されています。

現在では労働状況は大幅に改善され、決められた時間に休憩をとっていますし、シフト管理も適切に行われるようになりました。
出稼ぎの名残として寮を利用する人は現在でも大変多いです。設備が整っており、身一つで気軽に入居できるようになっています。



期間工という呼び名もありますがこれは通称であり、企業が求人を出すときには「期間従業員」と銘打っていることが普通です。
インターネットなどで調べるときも、期間従業員というキーワードで検索した方が多数の求人を探し出すことができます。

ネットには体験談も多く載っており参考にすることができます。